お客様のための Mailフォーマット になっていますか?


現在、お使いのメールアドレス(フリーメールOK)
abcdefg*@*****.***.ne.jp等
ひとつのメールアドレスに集約します
お問合せ ご注文 募集 etc1 etc2

    
5種類まで形式設定出来ます。


現状フォーム メリット&デメリット
1.メリット
 *自由に記述ができる
 *初期費用が要らない


2.デメリット
 *書込み側で内容の構成を考えなければならない
 *受け側で必要な情報が漏れる
 *内容を読んでの振り分けが必要
 *メールアドレスが内容により複数になる場合がある
 *書込み側での面倒くささがメール数を少なくしている          
 *メール書式変更はホームページ内容変更で対応しなければならない


       

推奨フォーム メリット&デメリット
1.メリット
 *
必要事項を順に記入するだけで、構成を考える必要がない
 *受け側で
必要情報の漏れが防げる
 *
題目での振り分けが可能
 *1つのメールアドレスで5種類までの
用途に応じたフォーマットが設定できる
   
例: お問合せ ・ ご予約 ・ ホームページの各カテゴリーの問合せなど 
 *
自由記述部分・添付ファイル設定もできる
 *ホームページに関係なく
様式の変更が簡単にできる
・  (初心者向けにレクチャーします) 
 *書込みの面倒くささが無い為、
メール数が増加する
 *
フリーメールアドレスも使用できる
 *
書式・フォーマット色が選択できる 

2.デメリット
 *初期費用が要る

 *ホームページへ再リンクが必要


       

結論 早期にメールフォームを変更した方が、経済的・効率的であり、経営貢献への
期待度が高まります
費用について 1.初期基本設計費用¥2,000(1form付)
     
フォーム目から+\500/1form
   (税込み・振込手数料はご負担下さい)
2.毎月の維持管理費は0円

   (注文・自動返信システムなど有料システムは除く)

3.設定後の変更追加処理は1回¥1,000
   
(ご自身で変更追加される場合は0円、¥3,000のレクチャー費用で引継ぎ致します)
切替について  1.下記のお申込ボタンをクリックしてお申込下さい。
 2.当方にて、メール設定項目・書式・色の確認メールをお送りします。
 3.
各作成項目ご回答返信メールが届き次第、当方にて内容設計に入ります。
 4.メール書式が出来ましたら、メールにてお客様案を送りますので
確認願います
 5.
変更希望をお受け後、訂正しますので再度ご確認下さい。
 6.完了後、変更・追加処理方法について確認させて頂きます。
 7.ご了承後、
費用を当方指定銀行へお振込下さい
 8.ご入金確認後、オンライン通信テスト・結果のご確認で完了となります。
 9.変更・追加処理のレクチャーご希望のお客様へ引継資料をメール送付致します。
10.最後に貴
ホームページへのリンク変更で、メール書式変更が終了します。

    
*追加・変更処理は初心者でも簡単に対応できる様になっています






SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO